8050問題(西日本新聞より)

この一言が一番気になります。Yahooニュースより引用

「息子が1人で生きられるようにするのが、親の最後の責任」

親が突き放さないから一人で生きられないんだと思ったりします。

生活保護って世帯で管理してるので親が面倒みてるうちは干渉できないんですよね。

ひきこもり施設に送り込まれた数人が脱走して生活保護申請しに行ったという話もあります。

親としては子供が心配なんでしょうけど、手におえないから現状があるわけで

かばわれる立場の人も自分を責めて苦労するんですよね・・・経験者としてですが。

一人暮らしさせて、失敗したら行政に頼りなさいと一言添えて突き放せば死にはしないと思います。

「 息子が1人で生きられるようにするのが、親の最後の責任 」

人は一人じゃ生きていきません。

年収800万超えないと国に支えられている立場って言われてるんです。

本当の独り立ちって年収800万超えることだと思うんですよね。

それって躓いた人生では既に無理ゲーじゃないですか。

働くもよし、生活保護もよし。自殺も殺人というなら死ななきゃいいじゃないですか。

誰かに頼ることを教えることが親の役目だと思います。

携帯電話会社に対して思っていること

個人的に何となく憎いと思ってしまう。

そんな3大キャリアのお話をします。

昔携帯電話の普及のために、携帯電話回線と抱き合わせで携帯電話の購入を

進めてきました。時代背景があるのでこれは仕方がないことだと思います。

家電量販店や代理店は携帯電話のノルマを課せられ、在庫を抱える。

在庫は返品できず、いつか処分しないといけないので回線と抱き合わせで100円で販売したりしてました。

人気の機種に関してはすぐに売れていたそうです。

時代はいつの間にかiphoneを筆頭にスマホの時代になりました。

3G回線の時代は普及したりするのに必死な為、まだよかったでしょう。

時代は進み4G・LTE回線となり動画などを見るようになりました。

回線増強など設備投資は必要でお金を集めなければなりません。

ここから携帯電話会社はおかしくなったのではないでしょうか?

例えでドコモを出しますが、映像配信関連サービス、雑誌読み放題サービス

音楽サービス、野菜配達サービス、ヘルスケア、お薬手帳、通販サイト等

数えきれないサービスに手を出して金策を始めるようになりました。

ここでDocomo元役員のお母さんの話のようになってくるわけです。

代理店が契約とったらいくらあげるよ(インセンティブ)

細かい文字がたくさん書いてある契約書で内容理解してる人で小1時間説明があります。

わからない人(高齢者や理解できてない人)には適当な説明をして過剰な

オプションサービスを付ける。

今はこんな時代です。

私は詳しいので家族の契約に付き合わされた事がありますが、店員に突っ込みを入れるとさっさと最低限の契約をして追い返されました。

代理店の儲けにならないので相手にしたくないという印象丸出しでしたね。

JRやタクシー・バス会社のように不動産などを扱い本事業の赤字穴埋めをするならわかります。

携帯電話会社が本事業のお客様を騙すような行為を続ける。

契約書に記載してあるとはいえ理解してる人がどれだけいるでしょうか。

通信はインフラです。無いと日常生活に支障をきたすものです。

それを良いことにこんな商売をしている3大キャリアには何とかしてほしいですね。

長文ですが、現在の3大キャリアに思うことを書かせていただきました。

AIが止まらない

1994年連載開始の漫画です。

WINDOWS95が発売される前、PC9801が全盛期の頃の漫画ですね。

マウス操作、なにそれ おいしいの?って時代です。

これも私がパソコン好きになるのを影響させてくれる漫画でした。

理想の彼女を作るモテない男の子のお話です。

雷によって彼女がパソコンから出てくる。

電影少女と似た感じでしょうか?

あれはVHSから出てきましたね。

今の若い人にはどちらも通じない内容かもしれません。

何が面白いのかって言われれば困りますが、美少女ものってなんとなくイイですよね。

赤松健さんはコミック海賊版に対してどのように対策するか。

無料公開して広告を載せるなど、アイデアを一杯公開してる人でもあります。

海賊版が今は無くなってきている時代ですね。

DRM等の違法コピー対策暗号化技術。

月額読み放題や見放題のサービス等便利な世の中になったものがと思います。

それでも違法コピーが無くならないのは私はわかる気がします。

大多数はお金を払いたくない。

少数の人は「そこに山があるから!!」って感じでしょうか。

仕組みを知ってこうすれば回避できるんじゃないか?とか

知識欲から違法コピー対策に対抗する人もいます。

健全な世の中に今は近づきつつあると思います。

ただ、昔違法コピーが当たり前のようになっていた現状がある為でしょうか。

ソフトウェアにお金をかける人が未だに少数なのは事実です。

日本政府がサイバー対策の人件費を削りすぎてるとか話題になってましたね。

資本主義である以上、思想だけじゃやっていけません。

日本ももっと考えが新しくなるといいなと思います。

それでわ